家 庭 医 術


糖尿病
現在の医学では不治の病とされています。
糖尿病患者は1000万人、糖尿病予備群も1000万人ほどいるといわれています。



●2型糖尿病
日本人の糖尿病の95%がこのタイプです、ふつう糖尿病といえば2型糖尿病をさします。


●2型糖尿病になる理由
今の医学では暴飲暴食・肥満・運動不足・ストレス・親からの体質継承などが原因で

すい臓(膵臓)から分泌される血糖値を下げる作用をする、インスリンホルモンが効きにくい体に なってしまい症状の進行と共に血糖値が徐々に高くなり、やがて糖尿病になると考えられています。
自覚症状に気づきにくいので、ある程度病状が進行している場合が多いです。

インスリンが効きにくいことを、インスリン抵抗性といいます。 内臓脂肪の肥満などにより、インスリン抵抗性が起こり、悪食の経過とともにインスリン抵抗性は高くなっていき、病状も悪化していきます。

なぜインスリン抵抗性がおこるのかは現在研究が進んでいます、肥大した脂肪細胞からインスリンの働きを邪魔する物質が放出されるなどは有名です。

更に病状が進行すると、すい臓から分泌されるインスリン量も減少してしまいます。 これはインスリン抵抗性に対処するために、すい臓がインスリンの量を増やしてなんとか血糖値を下げようと働くのですが、やがては疲れてしまい逆に機能の低下を招くからです。

補足
血糖値:
血液中の糖分の濃度のことです、糖分とはこの場合→グルコース=ブドウ糖のことです。

インスリン:
すい臓のランゲルハンス島という組織にあるベーター細胞でつくられています。 血液中のブドウ糖(グルコース)を肝臓・筋肉・細胞に取り込ませる働きがあり、食事などで高くなった血糖値がその後戻るのはこの働きがあるからです。その他にもいろいろな働きをしています。


●糖尿病がこわい理由
合併症の危険
生活習慣の改善、薬の飲み忘れ、定期的に病院で状態を診てもらうなどを怠ると合併症になる危険があります。
3大合併症
・手足のしびれ(特に足)などの神経障害
・網膜症(悪くなると失明します)
・腎臓機能の低下(人工透析になる場合もあります)

他にも
・脳梗塞や心筋梗塞(命に関わります、糖尿病からの発病率は高いです。増加傾向です。)
・感染症 など      といった病気にもなります。


●治療の方法
食事療法、運動療法、血糖値を下げる薬の使用、インスリン療法(薬・注射)です。

*不治の病ですので終生続けることになります、怠ると合併症が待ち構えています。*


●2型糖尿病に対する家庭医学の考え方
上記のとおり今の医学では2型糖尿病の原因は、インスリン抵抗性にあると考えています。 確かにそれもあるかもしれませんが、家庭医学では、原因はむしろ肝臓や腎臓にあると考えています。

実際、温灸器の力を借りて肝臓・腎臓を生理的に活性化していけば、2型糖尿病は改善されてしまうケースが多いです。(もちろん暴飲暴食などは論外ですが)初期の2型糖尿病であれば、驚くほどに改善されてしまいます。

家庭医学では2型糖尿病を不治の病とは考えていません。血糖をコントロールしている主役は肝臓・腎臓であり、インスリンは参謀役といったところでしょうか。参謀役に重点を置いた治療がなされているので、今の医学では不治の病になっているのではないでしょうか。(筋肉・脂肪細胞も糖分を貯える能力はありますが、脇役です。)

近年、肝臓の重要性を説いている医学者もいます
第53回欧州糖尿病学会(EASD)で、糖尿病を40年研究している英国のニューカッスル大学のロイ テイラー教授が、肝臓に付いている無駄な脂肪を減らせば(肝臓に対するインスリン抵抗性が低下して)糖尿病が良くなってしまうと報告しています。

蛇足
食事療法で時間をかけて徐々に体重を下げて、肝臓の無駄な脂肪を減らして糖尿病改善は良いのですが、温灸器を使って肝臓を生理活性化してやると、さらに早く改善されると思われますが・・・実際にはそうなってしまいます。また食事制限は大切ですが、さほど厳しいものでもなく、改善されるまでは肉や砂糖などを出来るだけ控えるといった程度です。



●肝臓が原因の2型糖尿病
肝臓の働きが肉食中心の暴飲暴食・ストレスなどによって弱ってしまい、余分な血液中の糖分(グルコース=ブドウ糖)を上手く貯えることが出来なくなってしまっているで、インスリンが肝臓に働きかけて糖分を取り入れてほしいと協力しても、思うようにはいきません。(肝臓には‘肝臓の働き’に書いているように糖分を貯える機能があります。)その為に血糖値が上がる、と家庭医学では考えています。


●腎臓が原因の2型糖尿病(今沢氏の記述より)
次に糖尿病の根本原因の第二として腎臓機能の低下によるものがあります。それはグリコーゲン(肝臓は糖分をグリコーゲンの形に変えて貯蔵しています)として肝臓に貯えてあるものを、血糖が減った場合には、これを補う為に、グリコーゲンに副腎のホルモンであるアドレナリンが働いてブドウ糖に戻すことによってなっています。

つまり(肝臓に糖分を)貯える時はインスリン、引っ張り出す時はアドレナリンなのであります。しかるに副腎は腎臓の附属物のようなものですから、腎臓の機能が低下する場合は、それが副腎に及びアドレナリンの分泌異常を起こします。つまりアドレナリンが多すぎると、必要以上の糖を引き出し、血糖を増加させて糖尿病となります。


次のページ